平らなコーヒー豆と、まん丸のコーヒー豆。

平らなコーヒー豆と、まん丸のコーヒー豆。

丸豆(ピーベリー)は、わずか3〜5%

平らな面をもつ楕円形に、一筋の線が入った、コーヒー豆。
見慣れたこの形以外にも、コーヒー豆の形があることを知っていますか

コーヒーは、雨季になると白い花を咲かせ、半年ほどかけて実がなります。
そして、さくらんぼのように真っ赤に熟したら、収穫のときです。
この実の中に入っているのが、コーヒー豆になる種です。

私たちがよく目にする形の種は、平豆(フラットビーン)と呼ばれています。
実の中に入っているときは、平らな面が向かい合うように2粒セットで入っています
ほとんどの実の中には2粒セットで入っているのですが、枝の先にできた実は、種が1粒しか入っていないことがあります。
この種は、丸豆(ピーベリー)と呼ばれています。

ピーベリーはフラットビーンと火の入り方が異なるため、焙煎前に区別されます。
ちなみに、ピーベリーだけ集めて焙煎すると、また違った味わいを楽しむことができます。
ピーベリーは全体の収穫量の3〜5%
その珍しさから、高級豆として扱われることもあります

ピーベリーを目にすることは少ないと思いますが、こんなふうにコーヒー豆のことを知っていると、コーヒーの楽しみが広がっていくと思いませんか。
コーヒータイムに、ぜひ想像してみてください。
いろんな表情をもった豆たちが、それぞれの個性を出しながら、美味しいコーヒーを作りだしていることを

ルワンダの酸味、エチオピアの香り。豆の個性を引き出す焙煎。

ルワンダの酸味、エチオピアの香り。
豆の個性を引き出す焙煎。

青空」、「」、「」。
yaunnのコーヒーは、こんなキーワードから生まれたオリジナルコーヒーです。

キーワードを元に、軽井沢コーヒーカンパニーの焙煎士・板倉さんが選んだ豆は、酸味が強いルワンダ華やかな香りのエチオピアのブレンドでした。

焙煎は中浅煎りに
深く焙煎すると甘みは出ますが酸味が抑えられてしまいます。
そこで、中浅煎りにすることですっきりとした酸味を残したそうです。

軽井沢コーヒーカンパニーは、豆の産地やブレンドだけでなく、焙煎までこだわったコーヒーを提供することを大切にしています。
別荘文化の根付いた軽井沢だからこそ、コーヒーもお一人おひとりにこだわりをもって飲んでいただきたい。
そして、ただの飲料ではなく、飲む体験を大切にしていただきたいと考えているそうです。

yaunnのオリジナルコーヒーも、そんな板倉さんのセンスと焙煎技術によって生まれました。
一口飲むと、森の中で青空を見上げ、リラックスしているシーンが思い浮かぶように。
yaunnオリジナルコーヒーで、あなたのコーヒーライフがさらに彩り豊かなものになりますように。

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

2,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Good (1)
  • Bad (2)
2020.03.14コーヒー シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中