皿、椀、鉢、杯。 毎日使ってる食器の名前、 ちゃんと知ってますか?

皿、椀、鉢、杯。毎日使ってる食器の名前、ちゃんと知ってますか?

様々なかたちの器で、食事を楽しむ

ふだん何気なく呼んでいる食器の名前。 自然に呼び分けているけれど、「皿」と「椀」、「椀」と「鉢」の違いっていったい何でしょうか

「皿」と「椀」の違いは主に深さにあります。 底が浅く、汁気の少ないものを入れるときに使うのが「皿」、深めで汁気のあるものを入れるのに適しているのが「椀」です。

「椀」と「鉢」の違いは「片手で持ち上げて使えるかどうか」。
椀も鉢も汁気の多いものを入れるのに適した深めの器ですが、「椀」は片手で持ち上げて使うのに対し、「鉢」はテーブルに据え置きで使うという区別があります。

「椀」の呼び方でちょっと不思議なのは「ご飯茶碗」です。
「お茶碗」というと、湯のみ茶碗ではなくご飯茶碗の方をイメージする人は多いのではないでしょうか。
奈良時代に中国からお茶と一緒にやってきたのが、磁器の「茶碗」。 はじめは文字通り茶器を指していた「茶碗」という言葉が、次第に「磁器そのもの」を指す言葉になっていったのだそうです。
日本人がご飯を盛るために磁器を使うようになったのは明治時代に入ってから。 毎日使うご飯茶碗を「茶碗」と呼ぶようになったのもその頃です。 今では磁器、陶器といった種類に関わらず、「茶碗」という呼び方が定着していますね。

料理のかたちによって様々なかたちの器が生まれ、それぞれに呼び名がついているのは、先人の、食事を最大限楽しみたい気持ちの現れなのかもしれません。

製造工程を知ってもらうことで、あなたと器の良い関係が生まれますように。

製造工程を知ってもらうことで、あなたと器の良い関係が生まれますように。

「この器が好き」という愛着を持ってもらうために。
yaunnでは、みなさんに製造過程を知ってもらうことを大切にしています。
本来、身の回りで使う製品のことをきちんと知っているのは、当たり前のこと。
大量生産・大量消費の時代を超えて、yaunnは、製造工程をきちんと伝えるブランドでありたいと思っています。

陶芸作家の岡崎慧佑さんは、以前はオンラインでの販売を行なっていませんでした。
「作家である自分のことや製造の手間や苦労といった裏側を、あまり見せたくないと思ってきました。 ですが、yaunnとのコラボレーションをきっかけに、今後はインターネットを通して知ってもらうことも必要だと思うようになりました」と語る岡崎さん。

yaunnのカップ&ソーサーは、岡崎さんの作風を生かした模様から生まれました。
普段、黒地に赤や青の顔料を合わせることが多いそうですが、yaunnのブランドイメージである空と雲にインスピレーションを得て、青と白をベースにしたデザインが生まれたそうです。
空と雲のニュアンスを表現するために、4回もの焼く工程を経てつくられます。
機械ではなく手で作っているので、いびつさがあります。 製造工程を伝えることで、一つひとつ違った顔を持つ器の良さを感じてもらえたら」という岡崎さん。
製造工程や作家の思いを知ってもらうことと、器が日常生活に溶け込むこと
yaunnは、その両方を実現するものづくりを目指しています。

岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット 岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット 岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット 岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット 岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット 岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット

岡崎慧佑×yaunn 空と雲のカップ&ソーサーとyaunn珈琲 オリジナルブレンド Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニーのギフトセット

15,000円(税込)

商品を詳しく見る
  • Bad (0)
  • Good (0)
2020.04.23食器 シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中