いろんなコーヒーがあるけれど、コーヒー豆の原種は、たった3種類

いろんなコーヒーがあるけれど、 コーヒー豆の原種は、たった3種類。

3種類が世界各国に広がり、様々なコーヒーが生まれた

コーヒーにはいろんな種類がありますよね。
ですが、コーヒーの原種は「アラビカ種」「ロブスタ種」「リベリカ種」のたったの3種類しかありません。
この3種類が世界各国に広がり、様々なコーヒーが生まれたのです。

日本で最もたくさん飲まれている「アラビカ種」の原産地はエチオピア
繊細で病害虫や気温の影響を受けやすいのですが、豊かな風味と酸味があります。
「ロブスタ種」は「アラビカ種」に比べて育てやすく安価です。
ですが、独特の香りや苦味があるため、「アラビカ種」とブレンドして使われることがほとんど。
もうひとつの「リベリカ種」は、日本ではあまり流通していません。
成熟するのに時間がかかる上、収穫量が少なく、風味も他の二つに劣るからです。

コーヒーにはたくさんの産地や焙煎の違いがあるけれど、先祖はたった三種類だけ。
普段、品種まで気にすることは少ないかもしれませんが、豆知識として覚えておくと楽しいかもしれません。

森の中で、青空を見上げる。そんなイメージから生まれた一杯。

森の中で、青空を見上げる。
そんなイメージから生まれた一杯

青空」、「」、「」。
yaunnのコーヒーは、こんなキーワードから生まれたオリジナルコーヒーです。

キーワードを元に、軽井沢コーヒーカンパニーの焙煎士・板倉さんが選んだ豆は、酸味が強いルワンダ華やかな香りのエチオピアのブレンドでした。

焙煎は中浅煎りに
深く焙煎すると甘みは出ますが酸味が抑えられてしまいます。
そこで、中浅煎りにすることですっきりとした酸味を残したそうです。

軽井沢コーヒーカンパニーは、豆の産地やブレンドだけでなく、焙煎までこだわったコーヒーを提供することを大切にしています。
別荘文化の根付いた軽井沢だからこそ、コーヒーもお一人おひとりにこだわりをもって飲んでいただきたい。
そして、ただの飲料ではなく、飲む体験を大切にしていただきたいと考えているそうです。

yaunnのオリジナルコーヒーも、そんな板倉さんのセンスと焙煎技術によって生まれました。
一口飲むと、森の中で青空を見上げ、リラックスしているシーンが思い浮かぶように。
yaunnオリジナルコーヒーで、あなたのコーヒーライフがさらに彩り豊かなものになりますように。

 
yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

2,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Good (0)
  • Bad (1)
2019.12.27コーヒー シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中