コーヒーには、ランクがある。 だけど、ランクだけで 好きになれないのは、人間と同じ。

コーヒーには、ランクがある。だけど、ランクだけで好きになれないのは、人間と同じ。

人ぞれぞれの感覚や好み、経験によって、美味しいコーヒーは異なる

世界の総生産量のわずか1%という「スペシャリティコーヒー」の存在をご存知ですか。コーヒーのグレードは4段階に分かれており、その頂点に位置づけられるのが「スペシャリティコーヒー」です。

インスタントコーヒーや缶コーヒーの原料に使われるのは「ローグレードコーヒー」、スーパーなどで買える最もポピュラーなものが「コモディティコーヒー」です。専門店で「キリマンジャロ」「モカ」などと明記されているものは「プレミアムコーヒー」。さらにその上にあるのが「スペシャリティコーヒー」です。

グレードの決め手のうち一番大きな要素は「風味」ですが、スペシャリティコーヒーの場合は、持続可能な生産方法でつくられているか、流通経路が追跡可能かについての評価も加わります。それらすべてが満たされたものを、「スペシャリティコーヒー」と呼んでいるのです。

面白いことに、ランクが高いからと言って「誰が飲んでも美味しい」というわけではありません。何を美味しいと感じるかは、その人の感覚や好み、経験によって異なります。外側の基準では測れないものが、「美味しさ」にはあるのです。それは、人を好きになることと似ているかもしれません

自分が心から美味しいと思えるコーヒーを選べたら、それがあなたにとっての最高のコーヒーだといえるでしょう。あなただけの最高のコーヒーを、ぜひ見つけてくださいね。

個性の強い豆同士だからこそ、焙煎の工夫でより美味しくなる

個性の強い豆同士だからこそ、焙煎の工夫でより美味しくなる

青空」、「」、「」。
yaunnのコーヒーは、こんなキーワードから生まれたオリジナルコーヒーです。

キーワードを元に、軽井沢コーヒーカンパニーの焙煎士・板倉さんが選んだ豆は、酸味が強いルワンダ華やかな香りのエチオピアのブレンドでした。

焙煎は中浅煎りに
深く焙煎すると甘みは出ますが酸味が抑えられてしまいます。
そこで、中浅煎りにすることですっきりとした酸味を残したそうです。

軽井沢コーヒーカンパニーは、豆の産地やブレンドだけでなく、焙煎までこだわったコーヒーを提供することを大切にしています。
別荘文化の根付いた軽井沢だからこそ、コーヒーもお一人おひとりにこだわりをもって飲んでいただきたい。
そして、ただの飲料ではなく、飲む体験を大切にしていただきたいと考えているそうです。

yaunnのオリジナルコーヒーも、そんな板倉さんのセンスと焙煎技術によって生まれました。
一口飲むと、森の中で青空を見上げ、リラックスしているシーンが思い浮かぶように。
yaunnオリジナルコーヒーで、あなたのコーヒーライフがさらに彩り豊かなものになりますように。

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

2,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Good (0)
  • Bad (1)
2020.06.13コーヒー シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中