緯度25度。世界のコーヒー産地をつなぐベルト。

緯度25度。世界のコーヒー産地をつなぐベルト。

赤道を中心とした熱帯エリアに広がる産地

世界最大のコーヒーの産地はブラジルです。全世界の生産量の約3割を占めています。

その他、コロンビアやジャマイカでもたくさん生産されており、このエリア一帯を「コーヒーベルト」と呼んでいます。赤道を中心とした熱帯エリアにベルト状に広がっているため、そう名付けられました

コーヒーは育てるのがとても難しい植物です。
灼熱の中で育つ姿をイメージするかもしれませんが、平均気温約20℃くらいの、夏の避暑地のような場所が最適です。
また、雨季と乾季があることや、土壌の水はけの良さも大切です。そのため、熱帯エリアの山や高地で栽培されることが多いのです。

日本では、沖縄がコーヒーベルトに入ります
ですが、日本には雨季と乾季がないため、あまりコーヒー栽培には適していません。東京や大阪では、まず育たないでしょう。
そのため、日本で飲まれているコーヒーは、輸入されたものがほとんどです。

中でも、エチオピア、コロンビア、ルワンダでつくられたものがたくさん出回っています。普段、あなたが何気なく飲んでいるコーヒーは、遥か彼方、熱帯の高地で育てられたもの。

コーヒー農場で手塩にかけて育てられている風景に思いを馳せると、また違った味わいが楽しめるかもしれません

熱帯の高地で育てられた豆から生まれた、爽やかな味わい

熱帯の高地で育てられた豆から生まれた、爽やかな味わい

青空」、「」、「」。
yaunnのコーヒーは、こんなキーワードから生まれたオリジナルコーヒーです。

キーワードを元に、軽井沢コーヒーカンパニーの焙煎士・板倉さんが選んだ豆は、酸味が強いルワンダ華やかな香りのエチオピアのブレンドでした。

焙煎は中浅煎りに
深く焙煎すると甘みは出ますが酸味が抑えられてしまいます。
そこで、中浅煎りにすることですっきりとした酸味を残したそうです。

軽井沢コーヒーカンパニーは、豆の産地やブレンドだけでなく、焙煎までこだわったコーヒーを提供することを大切にしています。
別荘文化の根付いた軽井沢だからこそ、コーヒーもお一人おひとりにこだわりをもって飲んでいただきたい。
そして、ただの飲料ではなく、飲む体験を大切にしていただきたいと考えているそうです。

yaunnのオリジナルコーヒーも、そんな板倉さんのセンスと焙煎技術によって生まれました。
一口飲むと、森の中で青空を見上げ、リラックスしているシーンが思い浮かぶように。
yaunnオリジナルコーヒーで、あなたのコーヒーライフがさらに彩り豊かなものになりますように。

yaunn 珈琲 002「大地/森/雨」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー yaunn 珈琲 002「大地/森/雨」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

yaunn 珈琲 002「大地/森/雨」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

2,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Bad (1)
  • Good (1)
2020.03.10コーヒー シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中