お酒にスパイス、卵、チーズ!?世界の国々で愛されるアレンジコーヒー。

お酒にスパイス、卵、チーズ!?世界の国々で愛されるアレンジコーヒー。

気分転換に、世界のアレンジコーヒーを

日本で「コーヒー」と言えばドリップコーヒーを指しますが、国によってはそうではありません。

イタリアでコーヒーといえばエスプレッソ。 ドリップコーヒーに比べ苦味や酸味がかなり強いため、砂糖を入れたり、ミルクを入れて飲むのが主流です。 砂糖を入れると酸味が、ミルクを入れると苦味が引き立つのが特徴です。

イタリア以外にも、コーヒーに何かをプラスして楽しむ方法は、世界中にあります。

ベトナムのコーヒーは、グラスの下にコンデンスミルクを入れて、上からエスプレッソを注ぐスタイル。 さらに卵を入れることも。

モロッコでは、ナツメグ、ジンジャーやカルダモンといった何種類ものスパイスを入れます。

フィンランドでは、角切りにしたチーズを入れて楽しむ「カフェオスト」が有名です。

アルコールを加えたコーヒーの代表格といえば、「アイリッシュ・コーヒー」。 コーヒーにアイリッシュ・ウィスキー、生クリームを加えてつくります。 アイルランドの飛行場で、乗客の身体を温めるためにつくられたのが始まりだとのこと。

香港には、コーヒーと紅茶を混ぜ合わせる「鴛鴦茶(えんおうちゃ)」と呼ばれる飲み物があります。 コーヒーと紅茶!? ちょっと不思議な組み合わせですが、おいしく飲むための絶妙な配合があるとか。

いつもと少し気分を変えたい」という時には、世界の国々のコーヒーを参考にしてみてはいかがでしょうか。

森と青空。yaunnのコーヒーとつくるリラックス感。

森と青空。
yaunnのコーヒーとつくるリラックス感。

青空」、「」、「」。
yaunnのコーヒーは、こんなキーワードから生まれたオリジナルコーヒーです。

キーワードを元に、軽井沢コーヒーカンパニーの焙煎士・板倉さんが選んだ豆は、酸味が強いルワンダ華やかな香りのエチオピアのブレンドでした。

焙煎は中浅煎りに
深く焙煎すると甘みは出ますが酸味が抑えられてしまいます。
そこで、中浅煎りにすることですっきりとした酸味を残したそうです。

軽井沢コーヒーカンパニーは、豆の産地やブレンドだけでなく、焙煎までこだわったコーヒーを提供することを大切にしています。
別荘文化の根付いた軽井沢だからこそ、コーヒーもお一人おひとりにこだわりをもって飲んでいただきたい。
そして、ただの飲料ではなく、飲む体験を大切にしていただきたいと考えているそうです。

yaunnのオリジナルコーヒーも、そんな板倉さんのセンスと焙煎技術によって生まれました。
一口飲むと、森の中で青空を見上げ、リラックスしているシーンが思い浮かぶように。
yaunnオリジナルコーヒーで、あなたのコーヒーライフがさらに彩り豊かなものになりますように。

yaunn 珈琲 002「大地/森/雨」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー yaunn 珈琲 002「大地/森/雨」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

yaunn 珈琲 002「大地/森/雨」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

2,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Good (0)
  • Bad (1)
2020.06.13コーヒー シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中