好きな服と出会う。この服は、誰がどんなことを想って、作ったのだろう。

好きな服と出会う。この服は、誰がどんなことを想って、作ったのだろう。

ものが生まれたプロセスを想像すると、作り手の哲学が感じられる

一枚のシャツができるまでにどんなプロセスがあるか、知っていますか。まずは生地やボタンなど、素材をつくることからはじまります。そして、シャツ自体のデザインが生まれ、パターン(型紙)をつくり、縫製、仕上げプレスなど、たった一枚のシャツにも、こんなにたくさんのプロセスがあるのです。

yaunnのシャツをデザインした岡村成美さんが服をデザインする時は、まず、人が着ている姿をイメージをすることから始めるそうです。イメージをもとに、「襟はこんな風に」、「袖口はこんな状態に」と、ひとつひとつのパーツを組み立てていきます。

デザイン画ができると、次はパターンづくりです。パターンを考える時も、中心にあるのは、人が着た時のイメージ。身頃や衿、袖など、パーツごとに岡村さん自身の身体に合わせながら、実際に動いてみる。これを何度も繰り返しながら、イメージに近づける作業を行っているそうです。

岡村さんの場合、デザインをするのは、デザイン画を起こしている時だけではありません。ある時は動物のフォルムや質感から。ある時は建築物の曲線美から。普段の暮らしの中からインスピレーションを得て、デザインが生まれるのだそう。

お店に並ぶ服の中から、ピンとくる一枚を手に取る。羽織ってみると、しっくり馴染む。こんな風に、好きな服と出会ったとき、その服がどんな風に生まれたのか、そのプロセスを思いを馳せてみてください。そこにはきっと、ものを作る人の哲学が感じられるはずです。

服を自由に着ている。その姿に、とことんこだわる。

服を自由に着ている。
その姿に、とことんこだわる。

時代に流されない」。「自分のモノサシをもつ」。「リラックスする」。
yaunnは、そんなコンセプトから作られました。
AW(秋冬)・SS(春夏)というファッション業界の時間の流れや、メンズ・レディースといった性別の枠とは異なる軸で、ものづくりをしています。
そして、素材や縫製、デザインなど、服づくりの多くの工程をみんなに知ってもらい、自分にあったものを選んでもらいたいと考えています。

服に対して既成概念を持ってほしくない」。「自由に着てほしい」。
デザイナーの岡村さんは、既成概念の枠を外すことを大切にしているそうです。
一般的なシャツには「体にフィットするサイズを選び、ジャケットの中に着るもの」という概念があります。
yaunnのシャツは、そんな既成概念をすべて取り払いました
男性も女性も着られるユニセックスなデザインかつ、フリーサイズ。
すべての人が着たいように着ることで、それぞれの個性を引き出すデザインを展開しています
デザインはもちろん、素材や縫製も、すべてyaunnの視点で選んだもの。
一つひとつの商品の素材や縫製について、消費者のみなさんが自分のモノサシで選べるよう、きちんと情報を提供していきます。

普段、見た目や価格で服を選ぶことが多いかもしれませんが、ときにはもっと多くの工程や、そこに込められた想いにこだわって選んでみませんか
そうやって選んだyaunnのシャツに袖を通すと、「個性とは何なのか」という問いに、おのずと向き合うことになるでしょう。
そして、「性別」や「シャツ」といった既成概念の枠を外れるとき、きっと、新しいあなたに出会うことができるはずです。

yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK

yaunn ブルゾンタイプ シャツ 黒/COTTON JACKET LIKE SHIRT BLACK

27,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Bad (0)
  • Good (0)
2020.07.04シャツ シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中