初めて「コーヒーっておいしい」と思ったとき大人になった気がした

初めて「コーヒーっておいしい」と思ったとき、大人になった気がした。

苦くてびっくりした、記憶の味

こどもの頃、大人の真似をしてコーヒーを飲んだことはありませんか。
苦くてびっくりした記憶が今も残っているかもしれません。
誰もがきっと、そんな経験をしたことがあるでしょう。

今ではコーヒーを飲むことが習慣になっているあなたが、
コーヒーがおいしいと思うようになったのは、一体いつからでしょうか

ちなみに、スターバックスが日本にやってきたのは、1996年のこと。
ブルーボトルは2015年です。
私たちが大人になる間に、街にはコーヒーショップが増えました。
そして、コーヒーはただの飲みものでなく、穏やかなひとときを過ごしたり、仕事を頑張るためのアイテムとして、毎日の生活に欠かせないものになっていきました

毎日のように飲まれているコーヒーですが、豆の産地や焙煎方法は奥が深く、お店で好みを聞かれても、うまく答えられない人も多いでしょう。

コーヒーをさらに深く知ることで、苦くて飲めなかったはずのコーヒーをおいしいと思った時のように、またコーヒーと出会い直す
その時、コーヒーとの関係もまた変わっていくのではないでしょうか。

ただの飲み物ではなく、飲む

ただの飲み物ではなく、飲む”体験”を大切にしたい。
森のイメージから生まれたオリジナルブレンド。

青空」、「」、「」。
yaunnのコーヒーは、こんなキーワードから生まれたオリジナルコーヒーです。

キーワードを元に、軽井沢コーヒーカンパニーの焙煎士・板倉さんが選んだ豆は、酸味が強いルワンダ華やかな香りのエチオピアのブレンドでした。

焙煎は中浅煎りに
深く焙煎すると甘みは出ますが酸味が抑えられてしまいます。
そこで、中浅煎りにすることですっきりとした酸味を残したそうです。

軽井沢コーヒーカンパニーは、豆の産地やブレンドだけでなく、焙煎までこだわったコーヒーを提供することを大切にしています。
別荘文化の根付いた軽井沢だからこそ、コーヒーもお一人おひとりにこだわりをもって飲んでいただきたい。
そして、ただの飲料ではなく、飲む体験を大切にしていただきたいと考えているそうです。

yaunnのオリジナルコーヒーも、そんな板倉さんのセンスと焙煎技術によって生まれました。
一口飲むと、森の中で青空を見上げ、リラックスしているシーンが思い浮かぶように。
yaunnオリジナルコーヒーで、あなたのコーヒーライフがさらに彩り豊かなものになりますように。

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

yaunn 珈琲 001「青空/白/森」 Roasted by 軽井沢コーヒーカンパニー

2,500円(税込)

商品を詳しく見る
  • Good (0)
  • Bad (2)
2020.02.12コーヒー シェア

毎日使うモノのことを知る、選ぶ力を磨く。

読み込み中