Shirts – #4 Factory

『yaunnのシャツの工場』

人の手のぬくもりを感じるシャツ

yaunnのシャツは、福島県郡山市の「くるめコーポレーション」で縫製されています。
くるめコーポレーションは、2018年に創業40周年を迎えたシャツの縫製工場です。

40年前に郡山市久留米に建てられた工場は、近くの団地に住む主婦を働き手として迎え、その地に根付いてきました。
20代の若手から、80代の熟練の職人まで、約50名の幅広い年代の職人が働くくるめの工場。
かつて、折り伏せ縫いを習得し量産できる体制を築いた創業者の思いは、今も職人達に受け継がれています。
(折り伏せ縫いとは、2枚の布を縫い合わせた後、片側を短くカットし折り込み、もう一度縫い合わせる縫い方。表だけでなく裏側もきれいに見えて、丈夫に仕上がります。)

くるめの技術と生産体制を求めて海外や国内の大手メーカーからの受注が相次ぎ、年間を通して忙しく稼働している工場ですが、私たちが訪問した際には、「一度退職した職人が戻ってきた」という話を聞いたり、若手に教える熟練職人の姿を見ることができ、ありきたりな表現かもしれませんが「アットホーム」な環境だなと感じました。

yaunnのシャツの工場

くるめコーポレーションはどんなシャツを作ってきたか

職人達は、“くるめのシャツには「顔」がある。”と言います。
作った人の「顔」が見える。
それは、ミシンを使う技術だけではない、人の手のぬくもり。
『全自動の機械による完璧さ』ではなく、『人の手を施した技術による丁寧さ』。
そこにぬくもりが感じられると言います。
品質に表れる丁寧さとは、意識して観察しないとなかなか見えないものかもしれませんが、一度袖を通すと、肌で違いが感じられるものだと思います。

yaunnのシャツの工場

くるめコーポレーションのこだわり

くるめコーポレーションの40年間の歴史の中で、変わらないことと、変わったことがあります。

変わらないこと、それは品質へのこだわり。
変わったこと、それは消費者の変化への対応。
(消費者の変化とは、インターネットでの購買行動へのシフトのことを指しています。)

これら両方に応えるために、くるめコーポレーションは検品に力を入れてきました。

インターネットでの購入は、人との直接的なやり取りを介さずに消費者の手元に届くため、より厳格な品質の担保が求められます。
また、シャツも生鮮品と同じく消費者が着たいと思う時期に手元に届く、すなわちメーカーが売りたいその時に納品し店頭に並べられなければなりません。

いち早く高品質のシャツを届けるために、自社で検品し、検品の内容をすぐに工場にフィードバックする。
この「検品&フィードバックサイクル」を回すことで、品質とスピードの両方を担保することに成功しました。

yaunnのシャツの工場

yaunnシャツの縫製

シャツの縫製は、シャツを構成するパーツを縫うところから始まります。
出来上がったパーツは別のパーツと縫い合わせ、そうして大きくなったパーツをさらに縫い合わせて一枚のシャツが完成します。
シャツは、さまざまな部品が縫い合わさってできた、1つの作品です。

yaunnのシャツの工場

yaunnのシャツも、部品を作るプロセスから始まります。

yaunnのシャツの工場

紐を縫う。(#S001#S003

yaunnのシャツの工場

ヨークにyaunnのネームタグを付ける。
(ヨークとは後身頃と衿(えり)をつなぐ切り替え部分のこと)

表地を内側に縫い合わせた衿(えり)は、道具を使って先が尖るように表にひっくり返し、プレスをかける。

yaunnのシャツの工場

カフス(シャツの袖口の部分のこと)に芯を貼り、裏と表を合わせて縫う。

yaunnのシャツの工場

それぞれの部品が出来上がったら、部品をさらに合体させていきます。

ボタンを付け水洗いしたら、いよいよ検品です。

yaunnのシャツの工場

100以上の工程を要するシャツの縫製ですが、全てが有機的につながり、一枚のシャツが完成します。

yaunnのシャツの工場

一つ一つ、機械や道具を使いながら集中し真剣にシャツに向かい合う。
工場には、緊張感とミシンのリズムが融合した、心地よい空間が広がっています。

ひと手間を惜しまない、くるめコーポレーションの職人達により縫製されたシャツ。
ぜひ手に取ってぬくもりを感じてください。

yaunnのシャツの工場

Online Store