News

[Column] 陶芸家 岡崎慧佑さんの工房にて、初めての陶芸体験

2019.2.11

yaunnは、製品に関わる「人」と「製造工程」にフォーカスし、製品とともにストーリーを届けるECブランドです。
身の回りで普段使うモノを中心に取り扱い、普段のライフスタイルをより彩り豊かに過ごしていただけることを目指しています。

第1弾として、性別や体形を選ばす男女兼用で着用できるユニセックスシャツを製造・販売しておりますが、
第2弾は、陶芸家 岡崎慧佑さん制作によるカップ&ソーサーの販売を予定しております。

陶芸家 岡崎慧佑さん取材_20190204_道具_とんぼ

先日、yaunnの器を制作いただいている陶芸家 岡崎慧佑さんの工房にて、取材をさせていただきました。

取材を一通り終えてから、岡崎さん指導の元、陶芸体験をさせていただきました。
私にとっては初めての陶芸体験。
始める前にイメージした形と、ろくろを回しながらできてくる形は似て非なるもの。
そうなると、どこまでの形にすれば完成なのかが分からなくなる。
そんな初めての陶芸体験でした。


器は、焼くと縮むため、完成時のサイズより少し大きめに形作ることになります。
ろくろを回しながら作る際の大きさは、トンボという道具を使って測りながら一つ一つ作っていくそうです。

一つの器が出来上がるまでに、様々な工程がありますが、形を作る工程が一番楽しいとのこと。

器を手に取る際に工房をイメージすると、工程が目に浮かび面白いなと思いました。
貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。

Online Store